世界一のベンチプレッサーから教えてもらった話し【セミナーレビュー】

ずいぶん前になりますが、普段通っているジムの友人4名で長野までベンチプレスを習いに行った時のお話しです。

私にとってのベンチプレスは、弱いから嫌い。

な、うえに頑張ると肩関節が痛むという、バッドサイクルを繰り返しており、自分のプログラムから外したり入れたりを繰り返す状態でした。セミナーには友人からの誘いということもあり、まあまあ付き合いの気持ちが強かったんですが、本当に行って良かったです。

目次

  1. ジム・講師情報
  2. セミナー内容
  3. 受けてどう変わったか?
  4. オススメ度

ジム・講師情報

ベンチプレス講師は、ベンチプレスの世界大会で何度も優勝している鈴木佑輔さんです。長野にあるジムBody Art Designのオーナーでもあります。この方すごいんですよ。体重80キロくらいで、ベンチプレス220キロです。意味わかんないですね。

料金や営業時間はジムのサイトに記載されておりますので、上記のリンクから読んで帰ってきてください。or この記事の下にリンク一覧載せておくので、記事読んでから行ってください。

第一印象としては、人の良さそうなニイチャンって感じ。ただ、やたらと胸がでかい。

本当にデカイ。お会いしたのは、11月だったのでTシャツ1枚とかタンクトップ姿ではなく、普通にジャージみたいなのを着てたはずなんですが、それでもめちゃ目立ちました。マジで胸でけえ。。。

話し方は本当に気さくで優しい方なので、人間力の観点でもオススメです。

セミナー内容

約2時間のセミナーで、最初の1時間は座学でした。

内容的にはフォームについて。

それもセットアップに関してかなり時間をかけて教えていただきました。

良いフォームを獲得するために、良いセットアップが必要で、良いセットアップをするために必要なことは?

といった具合で逆算的に教えていただけたのは、理屈っぽい自分には合っており、とても為になります。また、体幹を固めることや呼吸についても学べます。

呼吸・体幹については、わかっていたつもりから理解が深まったのでありがたかったです。これらは、スクワットやデッドリフトでも役立ちます。

バーの上げ下ろしについても、骨格から考える無理のない下ろし方、上げ方を教わって行きます。一番関節に負担が少なく、力が発揮できるフォームの考え方も目からウロコで面白かったですね。

後半からは実技です。

前半教わったことを体に染み込ませて行きます。

  • セットアップ
  • ラックアップ
  • バーを下ろす
  • バーを上げる

実際にやってみて思ったのが、セットアップの大切さ。これが出来ていなかったから、今まで肩関節が痛くなったりしてたんだなと実感しました。

セットアップを実際に指導してもらいながら何とか形にし、次に次に進む形で丁寧に指導いただき、あっという間の1時間でした。

受けてどう変わったか?

肩関節が痛くなることが一切なくなりました。また、今までのベンチプレスよりも胸筋を使っている感覚が強くなり、胸もでかくなりました。

他の種目においても、

  • 腹圧を高める
  • 体幹を固める
  • 肩甲骨を使う

といったところでは、今まで実は出来ていなかったところもあったのが、改善されました。

残念ながらベンチプレスが好きになるには、いたりませんでしたが、ベンチプレスのDEEPな世界に触れられたのは良かったです。今までは寝て押すだけでしょ ぐらいに思ってたんですけどね。

足の先から頭のてっぺんまで、全て使う立派な全身運動ですね。

また、世界一のアスリートと会話する機会もそうそうありませんので、そういった意味でも貴重な体験ができて良かったです。

オススメ度

というわけで、オススメ度はだいぶオススメです。鈴木さんと会話していて思ったのが、理論立ててフォームを作っている方なので、

  • もっと強くなりたい
  • やるとどっか痛くなる
  • 〇〇がわからん 等

上記のような方であれば。セミナー料金は高いものでは無く、しっかりと収穫があること請負です。

情報一覧

ジムURL

https://www.bodyartdesign.net/

ご本人Note

https://note.com/bodyartdesign

その他、気になる点がありましたら、お気軽にコメント欄でご質問ください。

コメント欄

コメントはお気軽にどうぞ!応援メッセや簡単な報告でも励みになります。もちろん、記事に対する質問や指摘も大歓迎です。コメントは承認制にしておりますので、サイトに表示されるまではしばらくお待ちください。

ご入力いただいたメールアドレスが当サイトに表示されたりする事はありませんのでご安心ください。管理人から返信をしても、ご入力いただいたメールアドレスへお知らせは行きません。返信を希望される方は、お問い合わせページよりご連絡ください。

コメント入力欄

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください