眼内コンタクト(ICL)手術を受けて来たよ!

筋トレ関係無いんですが、、、

レーシックの情報は結構出てくるんですが、眼内コンタクト(ICL)手術に関する情報は、あまり出てないのでせっかくなので、記事にしておきます。

眼内コンタクトってなに?レーシックと何が違うの?

ここで説明するよりも、上手に説明してるサイトがたくさんありますので、私が受けた品川近視クリニックのサイト貼っておきます。

読んだら帰ってきてください

https://www.shinagawa-lasik.com/nagoya/

なんで眼内コンタクトにしたの?

元に戻せる眼内コンタクトは、自分の中でかなり魅力的に見えました。レーシックでは角膜を削るために、術後が気に入らなくてもどうしようもないですが、眼内コンタクトであれば気に入らなければレンズを外せば元通りになりますので。

ただ、料金的には眼内コンタクトの方がお高いです。

ついでに、準備期間も発生するし術後の処置も面倒くさいです(←言うほど面倒じゃなかった)

というわけで、色々悩みつつとりあえずは検査してみました。

20人に1人の逸材

検査・手術ともに品川近視クリニックの名古屋院にて受診しました。完全自由診療なので、保険証は一切必要無し。一度も提示を求められませんでした。

普段コンタクトを着けている方は検査の3日前からコンタクトを着けないように指示されます。

病院ではひたすら、目の検査・検査・検査の繰り返し。明るいところで検査して、その後暗いところでまた検査。

で、検査の結果わかったことが、私はレーシックが不可の目をしているとのことでした。

20人に1人くらいの確率らしいです(何か嬉しい)

というわけで、レーシックは不可。ただ、こっから悩むのも面倒だな~ということで、その日に眼内コンタクトの手術を受けることを決意しました。

手術までの流れは?

やりますと言ってからの流れをご紹介します。私が検査に行ったのが2019年の12月頃で、実際に手術を行ったのが2020年の1月です。当記事を書いている現時刻は2020年7月26日ですので、多少流れが変わったりしているかも知れませんので、そこら辺はご自分で確認してください。

上記にも書いてありますが、検査・手術ともに名古屋の品川近視クリニックです。ここ以外に検査も行ってません。

改めて検査

さて、手術を行うための検査です。たぶんだけど、レンズを発注するための検査かな?検査内容はちょっと失念しました。

ちなみにここから費用が発生します。この日の費用は、レンズ代金です。

お値段、19万円なり

このレンズ代は、乱視用レンズだそうです。なので、乱視が無い方はもう少しお値打ちになるはず。で、レンズが到着しましたら、改めてご連絡しますとのことで、帰宅。クリニックからの連絡を待ちます。

この日なんですが、瞳孔を開く目薬を点眼します。これ、世の中の光が全て眩しくってしょうがなくなります。半日程度、視界も全部ぼやけます。病院からの注意もありますが、車の運転はできなくなるので、注意しましょう。

手術までの準備

年が明けて、1月上旬にレンズ到着の連絡がありました。準備期間もあるので2~3週間先で術日を指定します。

準備期間中は、コンタクト禁止で目薬を何回か行います。後、手術日の前日は禁酒・禁煙だったかな?

やることはこれくらい。いよいよ手術当日です。

手術当日・手術前

とりあえずは、最終確認です。結構ここでビビって「やっぱ辞める!」って方もいるらしい。

手術最終確認を行った後、手術費用のお支払いです。

料金は、40万8千円でした。

支払い完了したら、待合で呼ばれるのを待ちます。

今までお世話になったメガネとコンタクトにお礼を言いましょう。

手術当日・手術後

呼ばれたら、手術用のガウンを着て説明を受けます。簡単に言うと、目の手術している間の注意事項です。確かに医者の立場からしたら、目の中イジってる時にくしゃみとか、たまったもんじゃないですよねw

手術は全身麻酔ではなく、部分麻酔です。痛くないけど、目をグリグリされるっていうのは変な感じです。ただ、痛くないのでご安心ください。

ついでに言うとそんなに時間もかかりません。両目合わせて1時間もかからなかったかな。手術が終わったら、休憩室みたいなところで30分程度休憩させられます。

この時すでにレンズを装着しているので、【視力が劇的変化!】ってのを期待してるんですけど、そんなことはありません。むしろ、瞳孔を開く目薬をさしているので、周りの視界全部がピントが合わないです。結構不安になっちゃったんで、ここだけ事前説明があるとありがたいかもですね。

休憩が終わると、保護メガネと目薬をたくさん渡されます。で、説明受けて終了です。

手術が午前中で終わり、近くの飲食店に入ったんですけど、メニュー見えないんですよね。顔近づけようが遠ざけようが見えないので、知り合いと行くか・知ってる店に行きましょう。

ここちょっと注意なんですけど、ホントに手術終わってすぐは視界悪いです。ですので、可能なら付添頼める人がいると良いですね。目を切ってるから、誰かとぶつかったりってのも嫌ですしね。

なお、視力は半日程度で復活してきました。保護メガネしている状態とはいえ、視力補正をしていなくても、世の中がキレイに見渡せるのは不思議な感覚ですね。目薬は、いっぱい点眼します。

手術翌日から

翌日検診があります。視力検査やら、眼圧検査やら色々やります。特に問題なかったので、書くことあんま無いっす。

品川近視だと、翌日・1週間・1ヶ月・半年検診があります。1週間で保護メガネ卒業&お風呂・運動解禁だったかな。

眼内コンタクトメリット・デメリット

ここも流れで書こうと思ったんですが、ちょっと長くなったので次回に書きます。

この記事だけでも質問があるかたはコメント欄かお問い合わせページへどうぞ。東海地区の方で、直接手術経験者に話しを聞いてみたいと言う方も、予定合えば可能ですので、お気軽にどうぞ。

最後の呪文

当記事の内容は全て管理人の記憶と主観に基づいて掲載されています。したがって効果の保証等はできかねます。よろしくお願いします。

コメント欄

コメントはお気軽にどうぞ!応援メッセや簡単な報告でも励みになります。もちろん、記事に対する質問や指摘も大歓迎です。コメントは承認制にしておりますので、サイトに表示されるまではしばらくお待ちください。

ご入力いただいたメールアドレスが当サイトに表示されたりする事はありませんのでご安心ください。管理人から返信をしても、ご入力いただいたメールアドレスへお知らせは行きません。返信を希望される方は、お問い合わせページよりご連絡ください。

コメント入力欄

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください