2021/06/18 引いて引いて引いて、、、翌日押す

トレ前覚書

  1. スナッチ Pull to Knee
  2. ハングクリーン
  3. デッドリフト

中村でのトレーニングなので、インクラインはなし(翌日)。バーベルが滑りやすいのでPull to Kneeのストラップ使用を悩み中。

ハングクリーンは100*3*3でやってみる。デッドリフトは、今回で165*8をクリアしよう。

というわけで、、、いざ!!!

S Pull to Knee

  1. 85*3
  2. 85*3
  3. 85*3

クリア!といって、差し支えないかな。セットアップからシュッと引く までの動作習得は上手く行っているはず。だからこそ、スナッチ85キロが上で取れたわけだし。もうちょい、重りを増やしながらやっていこう。

ハングクリーン

  1. 100*3
  2. 100*2.1
  3. 200*2.1

さすがに100キロは重い。続けていけばパワー付いてくるだろうから、しっかりやりましょ。小指球をグッと使うイメージの意識したら、いつもよりもバーが真っ直ぐ上にポーンと上がってくる感覚があったので、これは良き収穫っぽい。

次回のウエリフDayでもしっかり意識しよう。

デッドリフト

  1. 165*9
  2. 150*10

宣言通りのクリア!2セット目もクリアしたので、次週からは170*計8レップと155*計8レップをやろう。

翌日

ジャーク練習

  1. 95*2
  2. 95*2
  3. 95*1.x
  4. 95*1.x
  5. 90*2

さすがに限界値近くなってきたので、ちょいちょい怖い。ただ、足さばきの練習を考えるとしっかりスプリットジャークしたいんだよなあ。

1発1発疲労がたまらないように、やっていこう。

インクラインベンチプレス

  1. 85*8
  2. 85*6.2
  3. 85*4.4

だいぶ胸筋の力がついてきたのか、結構楽に上がるようになった。程々に頑張ろう。

体幹サーキット

80キロプランク 

今回もクリア!荷重プランクのデメリットというか、意識すべき点みたいなのが見えてきたので、備忘録がてらメモ。

重めの荷重プランクは、途中での姿勢変更ができない。荷重無しのプランクなら、肘の収まり悪いからと言って、途中で腕の位置を変えたりできるけど、残念ながら荷重プランクはできない。

そこで、最初のセットアップが実はめちゃくちゃ大事になる。具体的なポイントは肘と膝とケツ。

肘はキチンとわきを閉めないと、疲れてくると脇が開いてこようとする。しっかり脇を締めよう。

脇を閉めないプランクは、立ち姿勢で言うなら、ちゃんと立たずに重りを担ぐのと変わらない。ちゃんとしっかり立とう。

ケツ・膝についても腹筋同様にしっかりと力を入れないと、ボトルネックになって潰れちゃう。しっかり力を入れよう。

コペンハーゲンプランク

とりあえず、両側とも30秒は持つかな。はやく35秒をしっかりと完遂したいものだ。

デッドバグ

合計20レップを30レップに増やしたけど問題無し。そろそろ荷重も考える時期かな。。。

コメント欄

コメントはお気軽にどうぞ!応援メッセや簡単な報告でも励みになります。もちろん、記事に対する質問や指摘も大歓迎です。コメントは承認制にしておりますので、サイトに表示されるまではしばらくお待ちください。

ご入力いただいたメールアドレスが当サイトに表示されたりする事はありませんのでご安心ください。管理人から返信をしても、ご入力いただいたメールアドレスへお知らせは行きません。返信を希望される方は、お問い合わせページよりご連絡ください。

コメント入力欄

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください